日時:2018年9月22日 (土) 14:00 ~ 17:45
会場:京都大学東一条館 思修館ホール
https://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/access
参加費:無料

◇本企画について

昨今、基礎研究が置かれている社会的状況は決して楽観できるものではありません。日本人科学者のノーベル賞受賞が取りざたされる中で、研究への運営交付金は減少傾向にあり、また社会からは「社会に還元できる研究」に重きを置くべきであるとの声も聞かれます。
このような状況下、本来であれば研究者の好奇心ベースで駆動されるべき生命科学研究は、今後どのような方向性を持って進んでゆけば良いのでしょうか。
本ワークショップでは、基礎研究自身の観点だけでなく、科学技術政策の観点、社会的な観点から基礎研究を取り巻く現状を再度捉え直し、今後の生命科学研究が目指していく方向性を、みなさんと一緒に考えて行きたく考えています。

◇プログラム

【開会挨拶】 (14:00 ~ 14:10)

【講演】(14:10 ~ 15:50)
有本建男 教授 (政策研究大学院大学 教授)
山口栄一 教授 (京都大学総合生存学館 教授)
阪井康能 教授 (京都大学農学研究科応用生命科学科 教授)

【コーヒーブレイク】(15:50 ~ 16:10)

【話題提供】 (16:10 ~ 16:25)
奥 勇紀 (京都大学総合生存学館 総合生存学専攻 博士一貫過程5年)
「 -日本の生命科学者の『たましい』の危機- アンケート調査結果」

【全体質問】(16:35 ~ 16:50)

【パネルディスカッション】(16:50 ~ 17:35)
司会:
奥 勇紀 (京都大学総合生存学館 総合生存学専攻 博士一貫過程5年)

パネラー:
有本建男 教授 (政策研究大学院大学 教授)
山口栄一 教授 (京都大学総合生存学館 教授)
阪井康能 教授 (京都大学農学研究科応用生命科学科 教授)

【閉会挨拶】(17:35 ~ 17:45)

◇参加登録

下記リンクより、ご登録をお願いいたします。
https://goo.gl/forms/dbUL2PZkjX49cSqD3

◇交通案内

https://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/access

◇お問い合わせ先

E-mail: oku.yuki.67e[at]st.kyoto-u.ac.jp  [at]を@に換えてお問合せください。
TEL: 090-1963-9384