支部会員各位

                                             関西支部長

このたび、日本農芸化学会関西支部では、アカデミア(教員、研究者と学生)のみならず産業界の研究者も含めて、多くの支部会員が参加していただくような様々な事業計画を支部会員の皆さまから提案いただき、実施してまいります。このような提案公募事業を下記要領で公募して、支援させていただきます。支部会員の皆さまにおかれましては、奮って、応募していただくように、お願い申し上げます。

関西支部提案公募事業の募集要項

(目的)日本農芸化学会関西支部に所属する会員の事業に対して、助成することを目的とする。
(助成内容)1件10万円を上限とし、年間10件を限度とする。
      助成金は補助金として事業を運営する組織に支給する。
(応募資格・審査基準)日本農芸化学会会員(学生会員を除く)が事業の運営に関与し、日本農芸化学会員の参加が見込まれること。
(応募時期)以下の4回に分けて募集する。
      1回目締切:2月15日(事業開催期間:3月1日から翌年2月末日)
      2回目締切:5月15日(事業開催期間:6月1日から翌年5月31日)
      3回目締切:8月15日(事業開催期間:9月1日から翌年8月31日)
      4回目締切:11月15日(事業開催期間:12月1日から翌年11月30日)

(申請方法)所定の申請様式に必要事項を記入し、関西支部長宛にabe@kais.kyoto-u.(ここにac.jpを加える)まで、電子メールにて提出すること。
提案公募事業 申請書
(採否の通知)各回締切後2週間を目処に採否を決定し、通知する。
(採択後の留意事項)採択された事業は関西支部との共催または協賛とし、「共催または協賛:公益社団法人日本農芸化学会関西支部」と明記すること。
          事業終了後、所定の終了報告書と助成金の使途を示す領収書のコピーを関西支部に提出すること。
(事業の例)日本農芸化学会員の参加が見込まれる各種シンポジウム、研究会、交流会等