日時:2019720日(土)1300分 開会
会場:大阪府立大学学術交流会館(C1棟)(大阪府堺市中区学園町1-1)

(http://www.osakafu-u.ac.jp/info/campus/nakamozu/)
講演会に参加をされる方で発表を希望されない方は事前申込みは不要です。
懇親会に参加される方は下記登録フォームよりご登録ください。

 

◇開会の辞(13:00~13:05)
◇ミニシンポジウム(13:05~15:05

「人工タンパク質が拓く未来 ―動的挙動から物質変換まで―」

1.  ヘリックス−ループ−ヘリックスペプチド「マイクロ抗体」を基盤とした中分子創薬

藤原 大佑(大阪阪府立大学大学院理学系研究科)

2. ドメインスワップ機構を利用した駆動型人工タンパク質超分子の構築

山中 優(奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科)

3. ヘムタンパク質の補因子置換と変異導入による人工酵素・酵素モデルの開発

大洞 光司(大阪大学大学院工学研究科)

 

◇一般講演 : 募集中!

*発表者(共著者)の中に、日本農芸化学会会員が1名以上含まれている必要があります。
*関西支部では、若手研究者に対する表彰制度を設けております。支部例会で、優秀な発表を行った方に、農芸化学会関西支部優秀発表賞(支部長推薦)または農芸化学会関西支部優秀発表賞(賛助企業推薦)を授与します。詳細はhttp://kansai.jsbba.or.jp/awardsをご参照ください。
応募資格:研究拠点が日本農芸化学会関西支部エリアにあり、例会での発表時に30歳以下の日本農芸化学会員
申し込み要領:希望者は、要旨投稿の際、生年月日、学年(学生の場合)あるいは職業(職位と学位)、および会員番号を明記してください。
*お送りいただいた要旨は後日ホームページ上で公開いたします。

◇受賞講演

農芸化学奨励賞

特異な翻訳後修飾アミノ酸を有する金属酵素の機能解析および新規創製

藤枝 伸宇 (阪府大院生命環境)

 

◇優秀発表賞表彰式・懇親会

参加費:(事前登録)一般 3,500円、学生 無料

(当日)一般 4,000円、学生 無料

 

お知らせ

〇支部幹事・参与会は、12:00より大阪府立大学 学術交流会館小ホールにて開催致します。

 

申込方法

一般講演申込(締切:2019年6月21日(金))

WEBでの講演申込となります。下記登録フォームよりご登録ください。

https://service.dynacom.jp/form/g/jsbba/f_25/index.php

一般講演要旨投稿(締切:2019年6月28日(金))

一般講演要旨テンプレートをダウンロードし、注意書きに従って要旨を作成して下さい。作成後の講演要旨は、下記登録フォームよりご登録ください。
英語での要旨作成も可能ですが、記入スペースを厳守して下さい。

https://service.dynacom.jp/form/g/jsbba/f_26/index.php

懇親会参加登録(締切:2019年7月16日(火)正午)

WEBでの事前参加登録となります。下記登録フォームよりご登録ください。当日、会場での参加登録は混雑が予想されますので、事前登録にご協力下さい。当日参加も可能です。

*学生は参加費無料ですが、懇親会参加登録は必ず行って下さい。

https://service.dynacom.jp/form/g/jsbba/f_27/index.php

 

懇親会参加費オンライン決済(締切:2019年7月11日(木)正午)

懇親会参加費のオンライン決済(クレジットカード・コンビニ決済)が可能です。当日、会場での支払いは混雑が予想されますので、事前決済にご協力下さい。学生で懇親会に参加される方は、懇親会参加申し込みにて参加登録のみ行ってください。

*学生で懇親会に参加される方は、参加費無料ですので、オンライン決済の必要はありません。

*コンビニ決済は7月8日までとなります。それ以降、11日まではクレジットカード決済のみ可能です。

 

https://jsbba.bioweb.ne.jp/payment_br/kansai/

交通案内

地下鉄御堂筋線なかもず駅から徒歩15分
南海高野線白鷺駅から徒歩10分
詳しくは、大阪府立大学 HP の交通アクセス案内をご覧ください。
http://www.osakafu-u.ac.jp/info/campus/access/

お問合せ先

谷修治(Tel & Fax: 072-254-9466, E-mail: shuji[at]biochem.osakafu-u.ac.jp)[at]を@に換えてお問合せください。